産後の骨盤矯正

女性の体は、妊娠して赤ちゃんが成長し、少しずつお腹が大きくなるにつれて、だんだんとホルモンの作用によって骨盤は緩んでいきます。

 

そして分娩時には骨盤の開き具合は最大になります。

 

出産後はひろがった骨盤は、3か月~半年かけてゆっくりと元の状態に戻っていくと言われています。

 

骨盤は正常な位置に戻ろうとしますが、妊娠中にお腹が大きくなることで体のバランスが崩れたり、横座りや椅子での足組み、猫背、授乳中にずっとあぐらをかいているなどは体を歪める姿勢なので、産後3カ月頃までにこれらの姿勢をとっていると骨盤をさらに歪ませる原因になり正常な位置に戻りづらくなります。

 

また、妊娠中は、自分の身体とお腹の赤ちゃんを守るために、どんな女性でも脂肪がついてふっくらとしています。

 

しかし、出産を経験した女性で、産前の体型・体重に戻せずに悩んでいる女性は多くいます。

 

特に母乳育児の影響で体重は元に戻っても、体型は戻らなかったという方はかなり多くいるといわれています。

 

産後の体型変化には、骨盤の歪みが関係しているため、産後の体型を戻すためにも骨盤矯正は効果的です。

産後の骨盤のゆがみが関係する体の悩みや症状

◆肩こり、頭痛がする

◆背中、腰が重だるい

◆なんだか骨盤が開いている感じがする

◆骨盤が歩行時や座っている時に不安定な感じがする

◆身体のあちこちにゆがみを感じる

◆骨盤、股関節、恥骨、尾骨が痛い

◆便秘や尿漏れが改善しない

◆ウエスト、ヒップラインが元に戻らない

 

産後の骨盤矯正はいつから?

骨盤矯正を始める時期は出産後早ければ早い方がいいかというと、そうではありません。

 

出産後、赤ちゃんが出てきたにもかかわらず、まだぽっこりと出ているお腹に驚き、ガードルなどでお腹を締めようとする方がいますが、本来骨盤の中に収まっているべき直腸・子宮・膀胱も一緒に押し下げられ、尿漏れを引き起こす危険性があるのでやめましょう。

 

 

骨盤矯正の目安としては、産後すぐは悪露の問題もあるので、子宮が収縮するのが目安です。

 

自分自身で子宮が収縮するのはわからないと思いますので産後1カ月検診でドクターに特に何も指摘されなければ大丈夫です。

 

出産後すぐにおなかが引っこまないのはゆるみももちろんありますが、子宮が大きいままなのです。

 

子宮 が大きなまま骨盤を閉めようしても腹腔内の圧力が高いので最適ではありません。産後1カ月位から始めるのが最も早い時期になると思います。

 

産後1カ月は後陣痛があったり、悪露が出たりと、出産の影響が体に残ります。そうでなくとも産後の母体は体の中が大きく変化し、傷つき、疲れていますので、産後1カ月程度は体に負荷をかけないよう、休養を心がけましょう。

 

どのぐらいのペースでケアすればいいの?

 産後1カ月くらいで初回の矯正をし、その後は個人差もありますが4~6回かけて骨盤を矯正をしていきます。

 

普段の姿勢のクセや筋力低下している筋肉のトレーニングもアドバイスしますので一緒に美脚、美姿勢を目指しましょう。

 

産後は育児疲れ、睡眠不足など様々な要因で身体的、精神的にストレスの多い時期です。

 

骨盤矯正と共に体のメンテナンスをして少しでも産後のストレスを軽減させていきましょう。


マタニティ整体【妊産婦整体】

40分コース・・・3,600円

60分コース・・・5,000

妊婦さんの体に起きるトラブルは、時期や体質によって様々な症状があります。

不安なことやお悩みのことなどありましたら、まずはお気軽にご相談下さい。

 

※ゆらいのご利用がはじめての方のみ有効。

※こちらのクーポンを提示してください。

営業時間

平日・土曜 10:00~20:00 受付時間 19:00

日曜・祝日 10:00~19:00 受付時間 18:00

予約制

☎(011)381-8133

お気軽にお電話してください。お待ちしています。

当日も予約状況により予約OKです。