逆子矯正

逆子を戻すためには、逆子の赤ちゃんにとって戻りやすい子宮環境を作ってあげることです。逆子が戻るということは、基本的には何らかの外からの力で戻すのではなく、赤ちゃんが自ら動くことでくるんと回ります。

 

逆子対策は動きやすい子宮環境を作ってあげることが必要です。

ゆらいでは、赤ちゃんが快適に動き回れるスペースがなく、頭を下にしたくてもできない環境を施術して改善いきます。

 

逆子矯正は、妊婦さんや赤ちゃんに負担のかからない、力や動きで調整することで、子宮やお腹をやわらかい良い状態にしていきます。

 

子宮やお腹をやわらかい良い状態にしておくことで、赤ちゃんがお腹の中で自由に動けるようになり、逆子から戻る可能性が高くなります。

 

逆子の妊婦さんは自覚していない人も多いですが、お腹が張って固い状態の方は多いです。お腹が固い状態ですと、赤ちゃんのスペースが狭くなり、通常よりお腹が前にせり出したり、赤ちゃんの位置が下がってしまいます。

 

逆子であれば戻りたくても戻れない状態で、赤ちゃんが上や横に動けず下がるしかない状態なのです。

 

また、骨盤の歪みの影響で血液をうまく子宮に送ることができず子宮が固く冷たいままの状態になることがあります。子宮は骨盤の中に守られている臓器です。

 

歪みがなく安定した骨盤だと、妊娠すると子宮に温かい血液がたくさん送りこまれ、子宮はふんわりと大きくなります。

 

逆子を戻すコツ

子宮やお腹をやわらかい良い状態にした後は、赤ちゃんの位置を上げることが大事です。そのためには逆子体操が有効ですが、そのまま逆子体操をすると、妊婦さんでない普通の人がしても体勢がきついです。

ゆらいでは妊婦さんも逆子体操が少しでも楽にできるコツを教えています。

 

逆子体操した後、寝る姿勢もちょっとしたコツがあります。

そんなこともアドバイスできると思います。

 

子宮やお腹をやわらかく動きやすい環境にして、赤ちゃんの位置を上に上げ、広いスペースで回る方向付けをすることが、逆子を戻す可能性を高くします。

 

多くの逆子は赤ちゃんが大きく成長するほどに、子宮が狭くなり回りにくくなります。おおよそ38週になると帝王切開になります。

 

なので少しでも早くに理想は33週くらいにはしっかり対策してほしいです。

 

 

不安なことやお悩みのことなどありましたら、まずはお気軽にご相談下さい。


マタニティ整体【妊産婦整体】

40分コース・・・3,600円

60分コース・・・5,000円

妊婦さんの体に起きるトラブルは、時期や体質によって様々な症状があります。

不安なことやお悩みのことなどありましたら、まずはお気軽にご相談下さい。

 

営業時間

平日・土曜 10:00~20:00 

受付時間 19:00

日曜・祝日 10:00~19:00 

受付時間 18:00

予約制

お気軽にお電話してください。お待ちしています。

当日も予約状況により予約OKです。